相続税対策と生前贈与の知識

家計

相続税対策で生前贈与する方法・注意点

相続税対策の一つに生前贈与をする方法がありますが、どのようにすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。
そこで生前贈与をする時にポイントになる点を挙げていくので参考にしてみて下さい。

生前贈与による相続税対策は毎年コツコツ110万円以内の範囲で行う

生前贈与をすると基本的に贈与税が課せられるので、支払わなければいけなくなります。
しかし年間110万円以内であれば非課税になるので、贈与税を支払う必要もなくなります。

毎年コツコツ110万円以内の範囲で生前贈与をしていけば大幅な節税にもなります。
専門家の税理士も相続税対策で生前贈与を行う時は、毎年コツコツ110万円以内の範囲でした方がいいとアドバイスをしてくれる事が多いです。

生前贈与による相続税対策は契約書を作成しなければいけない

生前贈与をする時は、ただ金銭を渡すだけではいけません。
税務署がしっかり生前贈与をしているのかどうか、把握する事が出来るようにする必要があるので、契約書を作成しなければいけません。
生前贈与をするたびに作成するのが望ましいので、忘れないようにしましょう。

また生前贈与をする時は、通帳やキャッシュカードの名義を変えるだけではいけません。
贈与する子供や孫に対して通帳やキャッシュカードを渡して、自由に使える状態にしなければいけないので、その辺りも注意するようにしましょう。

参考:相続対策の知識

長い目で見てコツコツ続ける相続税対策

長い目で見てコツコツ続ける相続税対策

そもそも相続税は何億何十億といった財産を持っている人にしか関係ないと思っている人が意外と多いもの。
しかし財産総額が3600万円~7000万円でも、場合によって相続前が関係してきます。

そこでそのくらいの財産総額があるという人におすすめの相続税対策が生前贈与。
正確な財産の計算方法は難しいのですが、大体財産総額が3600万円~7000万円であるという人であれば、やっておいても損はありません。

これは、1/1から12/31までの1年間で110万円までの範囲で贈与するという相続税対策。
通常生きている時に財産をもらった場合には、贈与税という税金がかかりますが、年間110万円まであれば一切贈与税がかからないのです。

具体的な例を挙げると、父親が毎年子ども2人に110万円ずつ贈与し続けたとすると、10年間で2200万円、15年で3300万円もの財産を無税で子どもに与えることができることになります。

相続税の節税効果があるだけでなく、もしも父親が亡くなった時に残った財産総額が基礎控除額以下となっていたら、支払う相続税は0円となる可能性もあるのです。

長くコツコツと取り組む必要がある対策ですが、誰もが簡単に自分でできてリスクが低い相続税対策です。
ただし贈与したお金は親が管理するのではなく、通帳や印鑑を渡して子ども自身が管理する必要がありますので気を付けましょう。

相続税対策として生前贈与する人が増加

相続税対策として生前贈与する人が増加

生前贈与は、相続税対策の一環として展開されるケースが多く見受けられています。
このような認識で生前贈与に向けた準備が行われる例は増加してきています。

こういった状況から判断すると、効果的に相続税の対策が可能であるとも認識されているのではないでしょうか。

相続税に関連した対策を行うことを目的として、生前贈与をしようとする人は数多く見受けられ、その動向に関心が示されています。

また、税金の面に詳しい人からも、納税額を増やさないために、生前の贈与を推奨する動きが加速しつつあります。

効果的に相続税対策のできる生前贈与の方法もレクチャーされるようになってきているとされていることから、このような傾向に拍車が掛けられているのではないでしょうか。

課税の対象になるかどうかは贈与するものによって異なると考えられているため、事前にこの方法が適したものかを確認する必要があります。

今後もこのような目的で、生前贈与をしようとする人が、多く見受けられていくのではないかと予測されています。

これまで以上に高い頻度で展開されていくとも考えられていることから、多くの家庭で関心が示されるのではないかと思います。

高い頻度で生前贈与の動向が生じてくることにも繋がるのではないでしょうか。

生前贈与以外の相続税対策

生前贈与以外の相続税対策

相続税については、財産を持っている人が亡くなってからスタートすればいいと考えている人は、考えを改めておくべきです。
もちろん、いくら税金を支払ってもかまわないというならば、対策は不必要です。
しかし、そのように考えている人はまれでしょう。

相続税対策は、被相続人が亡くなる前にスタートしなければなりません。
亡くなってからでは、実行は不可能であるからです。

亡くなってからでは、違法になる可能性もあります。
絶対にやっておくべきことはまず2つあると考えておきましょう。

土地・現金など遺産総額を算出して相続税対策

一つ目は、土地・現金・有価証券など、遺産の総額を算出しておくことです。

そのくらいの遺産があるのかを知っておかなければ、有効な方法も何もあったものではありません。
遺産が多ければ多いほど、累進課税によって課税額の割合が多くなってしまいます。

借金して賃貸マンション建設・生命保険などの相続税対策

もう一つは、遺産の総額が算出できれば、それぞれの遺産に応じた対策を行うことが必要になります。
よくある方法としては、借金して賃貸マンションを建てることで土地の評価額を下げたり、高額な生命保険に加入するなどがあります。

孫と養子縁組する方法も最近は増えてきています。
それぞれの方法に長じた専門家に相談するのも一つの方法かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました