切手買取で相場より高く売る方法ベスト3!

切手買取を相場より高く売る方法その1.専門店に持ち込む!

かつて余程自分自身が入れ込んでいたり、あるいは家族がその趣味を持っていたりしなければその様な機会は中々訪れない事は確かでしょうが、その様な場合、忘れた頃になって倉庫や戸棚を整理している時に奥からケースやファイルに収納された古い切手が幾つも出てきて、その扱いに悩むケースが出て来るものです。

昔はその様な趣味があったな…と感傷に浸り、再び大事に保管に努める事もあるのですが、多くの場合、それらをどの様にして処分すべきか検討する事になる筈です。

関心のある人に只で譲る事も考えられるのですが、それらの中には今や大変価値の高い一品が含まれているかも知れず、思わぬお金を手に出来るチャンスでもあります。

少なくても丁寧な保管の元綺麗な状態であれば、一度は古切手専門の買取店に査定を依頼してみましょう。
正確な価値を把握し、またその額に納得いけば買取も検討してみると良いでしょう。

他の中古品や骨とう品と違い、古切手に関しては大変持ち運びがし易く、専門店への直接持ち込みも大変楽です。

ネットからの査定・買取依頼を行う際でも特別荷作りで準備や苦労も要らず、気軽に取引出来るのがメリットです。

また切手は公式な発行物である分カタログも網羅されており、自ら検索しての鑑定もやり易いのも特徴です。

おおよその価値を事前に知り予想を立てられるというのも、他の骨董品に無いメリットと言えるでしょう。

参考:切手買取の相場.com|切手買取価格が高いおすすめ専門店はどこ?

切手買取を相場より高く売る方法その2.シート丸ごとが一番高い!

切手の収集は、残念ながら現在はあまり人気がない趣味のようです。
欲しい人が少ないので、すごいプレミアがつくようなものはごく限られています。

有名な浮世絵シリーズでも、破格の値段がつくようなことはありません。
一時期流行っていたので、切手収集が趣味だったという方は少なくないと思います。

ですから、後からプレミアがつくかと期待して、大量に自宅にあって処分に困っているという方も多いと思います。
そのまま、、自宅で塩漬けもいいですが、実は切手も金券ですので売ることができます。

では、売る際には、どのようなものが高く買い取ってもらえるでしょうか?
一番金額が高いのがシートのままになっているものです。

9割程度の値段で買い取ってもらえます。
金券ショップでは、売れ筋の商品のようです。
大企業が郵便代を少しでも浮かせるために購入するからです。

そして、問題はバラの切手です。
バラの場合は、整理していないと残念ながら買取不可のお店もあります。

では、どのように整理すればいいのでしょうか。
金種ごとに小さい袋に仕分けしすればいいのです。

金額の額面によりますが、相場は6割程度での買取価格になります。
また、A4の紙にきちんと貼り付けて、整理することで引き取って貰えるようになります。

やはり額面によりますが、こちらも相場は8割の買取価格というところもあります。
自宅で処分に困っている方は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか?

切手買取を相場より高く売る方法その3.保管状態が重要!

10代の頃から30代の頃まで記念切手を収集する事を趣味にしていたのですが、郵便局に通っては情報を集めて発売日に購入していました。

基本的にワンシート毎に購入をしていましたが、絵柄が綺麗であったり将来的に勝ちの上がりそうなものに関しては、3シートを購入する事もありました。

20年以上も続けていましたので数も膨大な数になり、台紙20枚入りのアルバムが70冊にもなってしまいました。

郵便局で買うだけには飽き足らず、個人販売の店にも足を運び、一枚単位で珍しいものを購入していましたので、一枚ずつポケットに収納できるアルバムもかなりの数がありました。

切手の収集を始めた頃には発売されるのを楽しみにしていたのですが、やがて以前の様な情熱が無くなってしまい、今まで続けている習慣なので惰性で買い続けている部分もありました。
以前のような愛着もなくなりましたので、20年以上続けた収集を止める事にしたのです。

長い間開ける事のないアルバムが棚の上に置かれていたのですが、場所的にも邪魔になりましたので、買取して貰おうと思い、有名な販売店に持ち込んで査定をして買い取ってもらう事にしたのです。

アルバムを開けながら一枚ずつ査定をして頂いたのですが、大切に保存をしていたにも関わらずシートの端には黄色い染みが目立つ物もあり、それだけで大きくマイナス査定になってしまいました。

また切手自体を数枚重ねて袋に収納していた物に関しては、熱で張り付き3枚重ねてくっ付いてしまっている物もありました、
このような状態では中古品として販売をする事も出来ず、買取を拒否される物も数点ありました。

アルバムの保管状態も切手の状態に大きく影響をし、平に積んでいた物に関しては上から置石をしているのと同じ状態になってしまい、保存のファイルに引っ付いてしまい取れなくなっているのもあるほどです。

縦置きにしていた物は保存状態が比較的良かったのですが、切手には糊が付いていますので、湿度と温度によっては溶け出してしまい、黄色い染みとなって買取価格を大きく落としてしまいます。

結局はマイナス部分が多く希望をしていた額とは大きく掛け離れた買取額になりましたが、処分をしようと思っていましたので引き取って頂く事にしました。

保存状態によっては価値を大きく落としてしまうのですが、なるべく湿度の変化が少ない場所に置き、アルバムは縦置きにして保存しておく事が高評価に繋がると思います。