「麺類」カテゴリーアーカイブ

そば蔵 やまげん、北海道道南の海の街江差町の人気店

店名:そば蔵 やまげん
住所:北海道檜山郡江差町字中歌70-1
電話:0139-52-0357
営業時間:11時~15時
定休日:水曜日
駐車場:有(店前3台)

江差町は北海道の道南の檜山郡に位置する海の街です。
街並みを揃えた風情ある通りのいにしえ街道の中に人気そば店、やまげんがあります。

やまげんの店構えは、約130年前の土蔵を改装しているため、キレイですが趣があります。
中に入るとおばさまが元気な声で接客してくれます。

やまげんは、観光客だけでなく地元の人にも人気で、平日でもお昼の時間はいつも満席で賑わっています。
最初に出てくるそば茶のおいしさからそばへの期待が高まります。

小さな街のおそば屋さんですが、実はミシュランに掲載されたことがあります。
やまげんオススメのメニューは、江差町の名物であるにしんそばです。

お値段は930円。
温かいお蕎麦で、上に甘く煮たにしんと岩のりが乗っています。

にしんが柔らかくとても美味しいです。
つゆの味が少し甘めになっていてにしんと良く合います。

薬味として大根おろしとねぎが付いてくるので、こちらを入れるとまた少し違った味わいを楽しむことができます。
そば自体が美味しいので他のメニューもおすすめですが、まずはにしんそばを食べていただきたい。

やまげんのそばは、その日使う分だけを製粉した手打ちそばです。
売り切れ次第終了なので、早めに行くことをおすすめします。

北海道の江差町で挽きたて、打ちたての絶品そばを味わってみませんか?

横浜にある杉田家のおすすめのチャーシューメンの特徴

店名:杉田家
住所:神奈川県横浜市磯子区新杉田町3-5
電話:045-776-2155

横浜市にはラーメンの人気店が多くありますけど、磯子区には家系ラーメンでお馴染みの杉田家というお店があります。

杉田家はメニュー自体はそこまで多くなく、基本的には3つしかないという点がまず特徴と言えます。
あとはそれぞれのラーメンの大盛、中盛などを選べるくらいなので、初めての人でも迷う心配はないかもしれないです。

杉田家でおすすめなのはチャーシューメンで、チャーシューがメインとなっているわけですが、まあまあの肉厚で食べる前から美味しいことが決まっているような光景に見えます。
チャーシューが4枚ほど並んでいて、それ以外ではほうれんそうとのりが数枚という、具材に関しては割とシンプルな内容となっています。

そして、鶏ガラスープの色がまた食欲をそそるちょうどいい輝き方をしており、その上に乗っているチャーシューの存在感を増すような形になっていると言えるのです。

濃厚な風味のスープに麺も引き立てられていますが、スープそれ自体は意外とさっぱりした感じになっています。
チャーシューを含めた具材、麺、そしてスープをたいらげれば十分に満腹感を味わえると言えるでしょう。

夢吟坊 三宿店、美味しい本格うどん屋さん

夢吟坊は、とても有名です。
色んなところにあります。
たくさんの人に愛され、たくさんの人が利用している、もっちりもちもちのうどんと、あっさりのなかに、お出しの味がしっかりついているうどん屋さんです。
三宿というと、やはり夢吟坊は外せない一つのお店ですね。

夢吟坊のうどんの味、お出しの味、そして、天ぷらかき揚げも本当に美味しく有名ですね。
天ぷらは、抹茶塩をかけていただくと本当に美味しいですね。

このかき揚げを使っての丼物もここのおすすめです。
美味しいだけでなく、ボリーュームが凄くて二人で一ついただくのがいいくらいのボリーュームです。

夢吟坊のおすすめは、麦とと膳の、花背1240円です。
この麦とと本当に美味しいです。
とろろがだしで伸ばしてあるのですが、ちゃっだ麦ご飯にかけて良い滑らかさです。

そして小さい温かうどん。
そして、ここについてくる、漬物がとても美味しいのです。
3種類くらいの物が入っていて、どれも麦ととご飯にあって本当に美味しいです。

お汁がわりにうどんをいただくのが絶品です。
全てのお味が邪魔をしないで、一つ一つがとても優しいお味です。

お店の雰囲気も本当にホッとできる安堵感があって温かい気持ちになります。
夢吟坊、絶品のお店です。

店名:夢吟坊 三宿店
住所:東京都世田谷区池尻3-30-2昭和ビル1階
電話:03-3487-4811

唄う稲穂、薬院に早良区野芥から殴り込み

店名:唄う稲穂
住所:福岡県福岡市中央区薬院1-10-10
電話:092-716-4159

少し前に話題になった「うどん居酒屋」、ラーメンの印象が強い福岡ですが実はラーメンよりもうどん屋さんの方が多いんです。
福岡県民が愛してやまない、うどんとお酒。
その融合がまさに「うどん居酒屋」で今人気なのがこちら、「唄う稲穂」さんです。

唄う稲穂は、地下鉄「薬院大通駅」近く、「薬院大通交差点」のすぐそばにあります。
でも福岡県民が愛するうどんといえば、やわやわのだるだるうどん。
でも唄う稲穂は、こしがすごいバリバリの正統派讃岐うどん。
それなのにいつもたくさんのお客さんで賑わっています。

まずは一品料理、人気のごまさば(800円)は時間次第で品切れの時もありますのでご注意!
絶対食べてほしいごまの風味前回のごまさばです。

ハムカツ(600円)はものすごい分厚さで食べ応えバツグンです。
やっぱり薄いハムカツより分厚いのが好きだなぁ。

もつ煮込み(500円)は味噌味で、もつはきちんと丸腸を使用していて優しいお味!
2軒目、3軒目でこのお店を利用する方が多いらしいのですが、個人的には1軒目でもアリですね。
お料理が充実していてどれも美味しいです。

そしてシメにうどんをいただきます。
唄う稲穂のうどんは、糸島の小麦粉を使用されているとのこと、最近流行りの「糸島ブランド」ですね。ゆで時間が少しかかります。
わたしはいつもの「山いもわさびぶっかけ」(880円)。
うどんは冷たいぶっかけタイプ、あったかいタイプがあります。

お店には本格的なワインセラーがあり、ワインは詳しくないのでよくわかりませんが、かなりの種類のストックがありました。
さすがうどん居酒屋!

うどん居酒屋ですが、唄う稲穂は、うどんのみを食べに来ても大丈夫なのだそうです。
日曜日はお休みだし、16時からの営業なのでお気を付けて。
予約も可能ですよ!

おくのうどん(宮崎市)の懐かしい味は忘れられない!

私の実家の近所にある、「おくのうどん」の優しい味が今でも大好きです。

店名:おくのうどん
住所:宮崎市大坪東3-10-20
電話:0985-54-1586

今は静岡県に住んでいますが、里帰りした時は必ず食べに行きます。
広い店内に足を踏み入れると、独特のイリコだしのいい香りがプーンとします。
宮崎では普通ですが、イリコだしのおつゆは関東方面ではあまりありません。

おつゆの味は濃いめです。
麺は讃岐うどんに比べると食べやすい柔らかさです。

おすすめは“じゃこ天うどん”です。
うどんの上に、宮崎ではポピュラーなじゃこ天がドンとのってネギが山盛りです。

他に、“じゃこ天かうどん”、というのもあり、天かすがプラスされています。
“か”は天かすのことなのです。

大盛で食べても、何と500円でお釣りがきます。
しかも、朝6時から営業しているので、部活で朝練前の学生さんにも大人気です。

実は、おくのうどんのお蕎麦も絶品です。
信州そばの様に上品ではありませんが、太めの蕎麦を箸でつまみ上げるとブツッと切れて、口に入れると素朴な味が広がります。
蕎麦がきの様な風味があり、イリコだしのおつゆにもよく合います。

静岡にはあまりない味なので、時々クール宅急便で取り寄せて近所にお裾分けすると、大好評です。

東京都目黒区、学芸大学駅のランチなら「讃岐饂飩 恩家(おんや)」。

東急東横線・学芸大学駅から歩いて2~3分の所にある讃岐うどんの店『恩家(おんや)』。
恩家(おんや)は午前11:00~のランチ営業のみのうどん屋さんで、うどんがなくなり次第終了のお店です。
店構えはカウンターが3席とテーブル3席の小さな店内ですが、開店の11:00になるとすでにお客さんが並びはじめ、ランチタイムは行列必至です。

メニューはあたたかいうどんは釜揚げ・釜玉・釜めんたい・釜揚げしょうゆ・かけなど、冷たいうどんはざる・ぶっかけ・明太ぶっかけ・しょうゆ・冷かけなど、季節を問わず選べます。
私はいつも、夏はしょうゆ、冬は釜揚げしょうゆを頼んでいますが、茹で上げてお湯を切ったうどんの上に、大根おろしとねぎ、海苔やかつお節が乗っており、特製しょうゆをかけていただきます。

恩家(おんや)のオススメは、うどんはもちろんなのですが、なんといっても揚げたての天ぷらがおいしい!メニューには『かぼちゃ・ピーマン・にんじん・なす・げそ・まいたけ・えび・ちくわ・半熟たまご・・・』など常に15~6種類の素材が書かれていて、どれも100円がベースなので、ついつい頼みすぎてしまいます。
注文してから揚げる方式なので、いつも揚げたてで大変おいしいです。

天ぷら2種とうどんを頼んでも1000円を越えないのに、非常に満足感があります。
うどん担当のご主人と天ぷら、あるいは接客担当の奥様の控えめであたたかい人柄が印象的。
恩家(おんや)をでるときにはどんなに混み合っていても何度も「ありがとうございました!」と頭を下げられて恐縮します。

行列にはなりますが、並んででもまた食べたいという気にさせられるお店です。

店名:讃岐饂飩 恩家(おんや)
住所:東京都目黒区鷹番2-20-19
電話:03-3793-3722

相模原市中央区、「貝がらや」の並んでも食べたいラーメン!

貝がらやは、神奈川県の古淵駅から歩いて15分くらいのところにあるラーメン屋です。
貝をふんだんに使ったスープや貝の炊き込みご飯がメニューです。
車で行きたいような場所にあるが、貝がらやの駐車場はかなり少ないので要注意。

貝がらやは、今では相模原ラーメンランキングで1位に輝いている人気のラーメン屋になっていいます。
ですが、店員は2人のみ。
一人はアルバイト?なのか、たまに店主一人で切り盛りしているよだが、かなり待ちます。
ですが、味は格別です。

貝がらやのおすすめは、なんと言っても牡蠣の濃厚付け麺。
ダイレクトに牡蠣の濃厚なうまみが口の中に広がる。
メンマは長い穂先メンマ。
メンマ好きの私にはたまらない。

チャーシュウは地元名産の相模原幸福豚を使ったレアチャーシュウ。
これも牡蠣のうまみを邪魔せず融合しあう。

さらに、牡蠣味噌なるものを少しずつ混ぜながら食べ進めていくが、混ぜるごとに濃くなり、一口一口違う味わいになる。
レモンを絞ると今度は濃厚な牡蠣がさっぱりとした味わいに一変する。
麺を大盛にしても食べ飽きない、むしろ足りないくらいのうまさである。

かなり待つのは必須であるが、貝がらやは並んでも食べたほうがいいラーメンなのは、間違いない。

店名:貝がらや
住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-24-3 マンション色利 101
電話:042-707-8556

大阪駅前商業ビルの地下グルメ街の讃岐うどん屋「うどん棒」。

駅前商業ビルでも讃岐うどん屋は数多くありますが、うどん棒は雑誌に載っており、口コミでも人気があったので行ってみました。
うどん棒でおすすめのメニューは『生じょうゆ温玉おろし』に揚げたてのちくわをトッピングしたもので、合わせて750円で、値段もお手頃でした。
讃岐うどんだけあって麺のコシは強く、のどごしも良いのが特徴です。

生じょうゆの他に定番のきつねやカレー・鍋焼きうどんなどもあります。
しかもこのうどんに自分の好みの天ぷらをトッピングできるのもこの店の特徴です。
特にうどん棒は、うどんに揚げたての天ぷらを乗せてくれるので、美味しく頂けます。

うどん棒は口コミで人気があって人は多いですが、回転率も高いので、それほど待ち時間はありませんでした。
接客態度は標準レベルだと思います。
ここに一人で来るときはカウンターを案内されますが、マナーのため詰めて座りましょう。

余談ですが、うどん棒には『オリーブ牛のつけ麺』という変わったメニューがあり930円です。
私自身食べたことがないのですが、冷たいうどんに温かいつけ汁につけて食べるようです。
口コミでも評価が多いため、機会があれば1度食べてみたいと思っています。

店名:うどん棒
住所:大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル B2F
電話:06-6458-5518

大分県豊後大野市、「あすかうどん」の絶品グルメの紹介。

場所は大分市から国道386号を三重町方面に向かい、国道沿いにあります。
あすかうどん一番のおすすめはかつ丼で、大盛りが800円程です。
脂身がほとんどなく柔らか目の肉は非常に味がしっかりしみこんでて、この金額で高級肉を食べてるようです。
かつ丼には普通ない大盛りなら十分満たされるでしょう。
玉子もおいしく量もたっぷり入ってます。

あすかうどん次のお勧めは団子汁定食です。
900円程。
団子汁ととり天という大分の誇る二大郷土料理が一度に楽しめる贅沢な一品です。
団子汁はもちもち感十分で、汁も丁度いい味で万人受けする食感です。
ゴボウなど野菜もたっぷり入ってます。

とり天は白身でさくっとした食感。
ややあっさりめですが、付属のポン酢とからしとの相性が非常によく、食べごたえがあります。
この二つが同時に楽しめる料理は意外と非常に少なく、そして相性が非常にいい事に気がつきました。

あすかうどんは決して大きくなく、グルメ雑誌にもあまりのってないと思いますが、たまたま入った店が意外なうまさでした。
店員も少人数ながらてきぱきとした誠実な仕事ぶりで、また来たいと思わせるものです。
あとゴールド免許の人は一割引きになるので、お勧めです。

店名:あすかうどん
住所:大分県豊後大野市犬飼町大寒1007
電話:097-586-8723

豊橋だからこそ?「きゃべとんラーメン豊橋草間店」ができたって!

夏休み、豊橋に行ったところ、通りがかった「きゃべとんラーメン」。
きゃべとんラーメン豊橋草間店の位置としては時習館高校、愛知大学の近くの交通量の多い地域にあります。
はじめて名前を聞くラーメンチェーン。
そして、豊橋名産のキャベツを使っている。
これはおいしいかもしれないと期待できそうだったので、帰りの行く店舗候補として考えていました。

ホームページを見たら丸源ラーメン系列のよう。調べていると7月25日にオープンしたて。
きゃべとんラーメンは、キャベツをネギのごとくもりもりとラーメンに入れたもので、きゃべとんラーメンのチャーハンとセットになった商品を注文。
また、辛いもの好きなので辛きゃべとんも追加。
このあと、替え玉も追加しました。

キャベツ自体は、そこまで火が通っていないので若干パリっとした触感。
個人的にはしんなりキャベツが好きなので、もっとごま油などでしっかりくったりしていてもよかったかと思います。
しかし、キャベツとラーメンって合います。
おいしい。

丸源ラーメン系列だからなのかセットも充実していて、餃子やから揚げがセットになった家族で食べられるセットもありました。
流行るかどうかはわかりませんが、豊橋近辺に行かれたらどうぞ!

店名:きゃべとんラーメン豊橋草間店
住所:豊橋市草間町平東50-5
電話:0532-46-9810