「飲食店」カテゴリーアーカイブ

錦江湾と桜島 鹿児島県庁展望レストラン ラテラス

店名:展望レストラン ラテラス
住所:鹿児島市鴨池新町10-1 鹿児島県庁18階
電話:0992866100

鹿児島県庁のエレベーターには、すべて通過して展望台にいける機がある。
地盤のもろい、シラス地質な鹿児島では、かなり高層な展望を誇る。

昔は、天文館近くの市街地にあった、老朽化し、敷地の狭い県庁を、この、鴨池に移転。
じつは鴨池とは、埋め立て地であり、鹿児島空港があった。

飛行機に地均しさせた珍しい薩摩の新官庁街。
となりは県警本部、前は医師会病院や自治会館など、官庁が並ぶ。
桜島を目前に、18階から眺望するレストランは、やはり、鴨池の老舗リゾートホテル、サンロイヤルの、レストラン ラテラス。

なんといっても、ラテラスは県庁の食堂なわけで、なんだかレストランにしては、悪口をいえば、しけたリーズナブル感、庶民には、かえって、馴染める値段や小さなケーキ小分けバイキングはたべすぎないわ、とか、まあ、美味しいし、桜島を見たいときは寄るわねー、みたいな、つい、桜島を見てしまう、鹿児島県民らしい、こじんまりさで、いけてるのか、いまいちなのかすらも、長年さだかでない、レストラン。

じつは鹿児島生まれ育ちだが、みんながなぜか好きなアップルタイザーが、やっぱりあるな、みたいな。

シムラン、箕面市の本格隠れネパールカレー屋。

店名:シムラン
住所:大阪府箕面市牧落5-5-22
電話:072-725-9069

大阪は箕面市にあるこちらのネパール料理屋さん「シムラン」は、本格的なカレーを食べさせる天才の舌を持った店主のお店。
大阪弁がとても上手な店主は、冗談もうまく、居心地がよい。
サーバーの女性は、インドかネパールかの民族衣装をまとった日本人で、キビキビと働かれていて心地が良い。

何種類もあるシムランのカレーはどれも本格的で辛さも絶妙な上、平日、土日ともにお得なランチセットがある。
800円-1200円ほどでランチセットは食べられるのでお得。

さらにナンは焼きたてで、厚みがあり、ふわふわ、もちもち。
上にかけられた蜂蜜のようなものが味わい深い。
ナンだけでここまで違うものかと驚かされる。

だが、シムラン一番の必食メニューは、タンドリーである。
1000円から1500円ほどで、何種類かのタンドリーが選べる。

肉系、魚系、ミックスなどがあるが、どれもこれも本当においしい。
シムランにある釜で焼きたてを提供され、ジュージューとした鉄板にスパイシーな衣をまとったタンドリーがやってくる。
これを食べると、他の店のタンドリーがいかに作り置きであったかを思い知らされる。

なかでもおすすめはマトンのタンドリー。
羊肉が苦手な人も、この食べ方ならマトンのおいしさを発見するのではないだろうか。
臭みがスパイスによって旨味にかわる。
辛いが、うまからいので、ハフハフいいながらどんどん食べられてしまう。

その他、カレー鍋などの珍しいメニューも多数あり、どれもおいしいので、ここの店主の舌は天才だと毎回思うのである。
シムラン、すこし交通の便は悪いが、ぜひ食べに行って欲しいお店である。

佐賀県佐賀市 洋風定食屋「MoiMoi」、 学生に人気の肉料理。

佐賀大学正門近くにあるこの店は、メインがハンバーグやチキン南蛮、カレーライスなどの洋風定食屋さんです。
MoiMoiは学生に人気です。

副菜が客用の冷蔵庫に準備されていて、それをセルフでとっていくのですが、学生なら3つまでとってOK。
もちろん温めるための電子レンジも無料で使うことができます。

さらに、食事の後の食器類を直接マスターのところへ持っていくと、食後のデザートまで食べることができるのです。
さらに、ご飯だけでなくどんな定食も主菜の量を増やしすことができて、価格はすべて1000円以下。
MoiMoi近くに住む佐賀大生や佐賀女短大生、部活帰りの佐賀西高生でいつも賑わっています。

そして、学生に人気なのは料理だけでなく、マスターも人気です。
ここに初回で入るとスタンプラリーカードをもらうことができます。

このカードを来店時に提示してスタンプを押してもらうと、そのカードを卒業式の日にケーキかワインと交換することができるのです。
しかも、このカードは卒業まで何枚も作ることができるので、学生はこぞってMoiMoiに押しかけています。

店名:MoiMoi
住所:佐賀県佐賀市本庄町大字本庄459-3 コーポYAMADA 1F
電話:0952-28-0232

姫路近郊の飾西にあるカジュアルフレンチが楽しめる「フレンチ食堂ママン」。

姫路駅前の街中から離れた車でドライブがてらにちょうど良い所にあるフレンチ食堂ママンさんです。
こじんまりとした木目調の外観で3色のテントが目印になります。

中も木目調が基調になっていてとても落ち着き、フレンチといえばかしこまっていて緊張する感じが一般的ですが、そうではなくナチュラルで洋食家さんのような温かみを感じます。
キッチンがよく見えるようになっていて男性シェフや女性シェフの料理を仕込んでくれる姿がよく見えます。

フレンチ食堂ママンは、ランチタイムはかなり混み合っていてお忙しそうですが、店員さんはきちんと対応してくれて混んでいてもそんなに苦には感じないです。
ランチタイムはAランチ1250円、Bランチ1450円、Cランチ1650円と、ママンのランチ1850円と、グルメランチ2400円とシェフのオススメランチ3000円と種類豊富ですが、中でもおすすめなのはCランチです。
ABCともメインは共通で選べてスープとパンorライスとドリンク付きで、Aは+サラダでBは+オードブル盛り合わせCは+オードブル盛り合わせ+デザートプレートから3種選べます。

メイン料理は10種類ほどから選べますが、中でも牛肉の黒ビール煮込みが一番です。
口の中に入れると肉がホロホロと柔らかくとろける食感でソースのコクと旨味が口いっぱいに広がります。

サラダやオードブルの野菜は新鮮で、スープもさつまいもで作られていて甘さとしょっぱさが絶妙な優しい味わいです。
デザートは色々選べるのですがカリカリキャラメルのクレームブリュレとブランマンジェがおすすめです。
白食器や温かみある陶器や木材の食器で料理を提供していて見た目にもほっこりする、箸でもいただける食べやすいフレンチが頂けます。

フレンチ食堂ママンでは、一人づつにチェックや花柄の可愛い布のクロスが用意されているのもほっこりさせてくれます。
かしこまったフレンチが苦手な方にもおすすめできる温かみある美味しいフレンチのお店です。

店名:フレンチ食堂ママン
住所:兵庫県姫路市飾西41-1
電話:079-268-7070