「和食」カテゴリーアーカイブ

うなぎのまつもと、三重県の多気郡明和町にある老舗の鰻の名店

店名:うなぎのまつもと
住所:三重県多気郡明和町行部80
電話:0596‐55‐2581

うなぎの老舗の店である、うなぎのまつもとは、三重県多気郡明和町の国道23号線沿いにあります。
お店をオープンしてから30年以上経過しています。

うなぎのまつもとの交通アクセスとしまして、名古屋方面からですと国道23号線を南下しまして、松坂市を超えて伊勢市に向かう途中の多気郡明和町の信号交差点の左側に位置しています。

お店の雰囲気は、落ち着いた感じのモダン風の造りの建物で、グレイ色を基調に建てられた外観であります。
店内に入っても、グレイ色を基調にしてありまして、うなぎのまつもとは座敷もありますが、テーブルの方が客席は多いです。

駐車場としては、建物の大きさに比べては少ないスペースではありますが、それでも30台は楽に停めることが出来ます。

うなぎのまつもとの料理のメニューとしては、定番のうな重からうなぎ丼、うなぎ定食と何でも揃えてありますが、思ったほど値段が高くないのが良い所であります。
2千円もあれば、おいしいうなぎ料理を味わうことが出来ます。
うなぎのまつもとのお薦めとしては、やはりうな重とうなぎ丼であります。

国道23号線沿いでありますので、伊勢志摩の帰りに家族連れや旅行客などが大勢立ち寄るお店であります。
店員の対応もしっかりしていて親切で、丁寧に説明をしてくれます。

和田金、松阪市にある松阪牛か食べられる老舗有名店

和田金は松阪駅より徒歩8分にあり、松阪牛が贅沢に食べられる老舗の有名店です。

お店は和風でレトロで、昭和な雰囲気がします。
赤色のカーペットが華やかで高級な気分になります。

また、個室ということもあり、特別な日や接待、顔合わせにも最適です。
お店に入ると、和田金の店員さんは丁寧に接客をしてくれます。

和田金は値段が、一人当たり1万円以上して、かなり高い目です。
その分だけあって、焼肉もすき焼きも丁寧に焼いてくれます。

焼肉は、炭火で丁寧に焼いてくれるので、見た目も綺麗な焼き色になります。
そして、何人かで別々のメニューをオーダーしたとしても、きちんと取り分けてくれます。

和田金おすすめは、すき焼きコースです。
焼肉でも松阪牛を味わえますが、和田金ならではの焼き方をしてくれるのがすき焼きコースです。

最初に砂糖醤油の甘辛で松阪牛を焼きます。
そして松阪牛を最初に味わって堪能したところで、更に野菜などを入れて焼いてくれます。

すると、松阪牛からの旨味が野菜などにも浸透します。
松阪牛単品で味わって、次は松阪牛と野菜を味わえます。
そのため、二度松阪牛を楽しむことができます。

焼いてくれる人は会話の妨げにならないように、けれどきちんとお肉の部位などの説明をしてくれます。
和田金は、自分で焼かなくても良いので、焼肉でもゆったりとできます。

店名:和田金
住所:三重県松阪市中町1878
電話:0598-21-1188

三重県津市、特上鰻丼、うなぎ料理「はし家(はしや)」。

はし屋は値段で特に安いとかは無く、普通の鰻屋さんで食べる値段と変わりません。
接客態度は良いと感じたのは、始めて来た客を元気な出迎えの挨拶で迎えてくれたからです。

鰻の料理がメニューに並ぶ中で、はし屋お奨めは自分が食べた特上鰻丼です。
甘辛の味付けだと、地元の人に聞いてお店に向かった、しかし、言われた通りの味で感動はしませんでした。

代わりに、はし屋の丼のメニューはボリュームがあり、学生が食べても満足するぐらいの量が普通盛でした。
鰻丼なんて一人前位は大したことないと甘く見ていたら、食べ終わった後、少し腹が満腹になりました。
個人的に意外性があり、満腹になったかーと納得したので好評価です。

はし屋の値段は乗っかっている鰻の切れの枚数に応じて価額が違います。
一切れは鰻一匹の三分の一位の大きさです。
一切れの鰻丼から品目があり、もっとも多く乗せた場合は四切れで、特上の上のクラスに為ります。

私は三切れの特上を頂き、はし屋鰻の軟らかさを感じつつ、タレの薫りを嗅ぎながら食べました。
席に着いてからも特に違和感なく対応され、二杯目のお茶も運ばれました。
はし屋に人は普通に入っていましたが、注文をとるのに店員が忙しそうでは無かったため、店内は穏やかであり、慌ただしく無かった時に、食事が取れたのも印象に残りました。

店名:うなぎ料理はし屋
住所:〒514-0027 三重県津市大門4-10
電話:059-228-4925

奈良県東生駒市、気軽に魚を楽しめる「四季美遊」。

奈良の東生駒市にある「四季美遊(しきびゆう)」に行ってきました。
近鉄東生駒駅から徒歩3分のところにあります。
外観は上品な日本料理屋さんという感じで、隣の焼き鳥屋の方が庶民的なのか流行っています。
どちらに入るか迷った結果、魚料理に惹かれて「四季美遊」に。

カウンターとテーブルが2つのこじんまりとしたお店です。
私が入ったときは、開店して間もなかったからか、他にお客さんもいなくて、大将が一人で下準備していました。

四季美遊のカウンターの奥にセンスを感じる器が沢山並んでいます。
器が良いだけで何故かテンションがあがります。

魚料理を目当てできたので、刺身から。
センス良く盛られていて、奈良には海がありませんが、四季美遊は新鮮な魚をそろえているというだけあって美味しいです。

私が感激したのは天ぷらでした。
野菜から全てが美味しい。
椎茸もこんなに美味しかった!?といまだに忘れられません。
すべてが美味しいです。
四季美遊は、奈良では数少ない「のどぐろ」も食べれる店です。

アルバイトの子がやってくるのが、四季美遊が開店してからしばらくしてからなので、しばらくは大将一人の接客のためお客さんが増えてくると料理しながら接客もしなくてはいけないため、料理が出てくるスピードが遅くなります。
ので、初めに食べたいものは一気に注文しといた方がいいかもしれないです。

四季美遊の値段は、二人でお酒も楽しみながらで1万を少し超えたくらいでした。
気軽に魚を楽しめるいいお店です。

店名:四季美遊(しきびゆう)
住所:奈良県生駒市辻町753
電話:0743-73-2365

杉並区、親子丼が絶品の「ひないや荻窪駅前店」。

今回は幼稚園役員の親睦会でひないや 荻窪駅前店を訪れました。
とてもステキなお店で、楽しい時間を過ごすことができました。
今回はひないや 荻窪駅前店のお勧めポイントについて、お話したいと思います。

・ひないやの店内
店内にはBGMが流れていて、とてもゆったりとした印象がありました。
そして店の奥には20名ほどの人数が入れる個室があります。
お座敷になっているので小さいお子さんがいる方も、ゆっくり食事をすることができます。

・ひないやの食事
お昼のランチタイムは、ピリ辛担々麺、つけ麺、そして親子丼などがあり、どれもとても美味しかったです。
特に鶏料理のお店ということもあり、親子丼は鶏がプリプリで美味しく、絶品です。
ランチセットには、漬物、あとは食後の飲み物もついています。
しかもお値段も1000円を切るので、とてもお得にランチを楽しむことができます。

・ひないやの接客
お茶がなくなったらすぐ気づいて持ってきてくれたり、必要ない食器があればすぐ下げてくれたりしてとても親切です。

以上、ひないや 荻窪駅前店のお勧めポイントについて、お話ししました。
近くに立ち寄られた方は、是非来店されることをお勧めします。
尚詳細については、下記の通りとなります。

店名:ひないや 荻窪駅前店
住所:東京都杉並区天沼3-3-3渋沢荻窪ビル B1F
電話:03-5335-6288

浜松市中区田町、「かに道楽浜松店」のお勧めポイント。

私が静岡県の浜松市の中心部にある「かに道楽浜松店」の料理、価格、接客の評価を記載していきたいと思います。

店名:かに道楽 浜松店
住所:〒430-0944静岡県浜松市中区田町325-37
電話:0120-014419

かに道楽は、浜松市にある老舗のお店で有名なお店です。
店舗の外装はでかい蟹の模型が壁に飾られいるのでとても目立つのでわかりやすいです。
かに道楽の浜松店のホームページが存在しているのでメニューや店舗の外観や内観の写真を見る事可能です。

メニューの内容はホームページで閲覧が可能、コース料理になり予算は5000円から6000円、蟹も単品で注文が可能です。
お子様向けの料理も税抜き1500円で販売されているので、かに道楽はファミリーにもお勧めできます。

有名店でにぎわっているので、個人的には予約を入れたほうが無難だと感じました。
かに道楽の料理の内容は、蟹関連の料理がメインで、コースによりますが最初は軽い物が運ばれ少しずつ食べていきます。

私個人が特に美味しく感じたのが、刺身関連と茶碗蒸し、天ぷらもてとも美味しかったです。
コース料理なので、一気に食べる事は無く、次々に料理が運ばれてくるので最後のデザートの時はお腹がいっぱいの状態になりました。

接客は一流の老舗店なだけあり、とても丁寧な対応で気持ちよく食事ができました。

鯨を食べるなら神田駅近く、「くじらのお宿 一乃谷」がおすすめ!

店名:くじらのお宿 一乃谷
住所:東京都千代田区内神田2丁目7-6 ゆまにビルB1F
電話:03-3254-6096

普段、鯨ってあまり食べないと思いますが、何故か定期的に食べたくなりませんか。
鯨を食べるなら、くじらのお宿 一乃谷がおすすめです。
お店自体は小さく、店長と一人二人の店員がいるだけなのですが、実はこの店長がすごい人で、国から、若い料理人の育成を依頼されるほどの人なんです。

はじめて一乃谷に行ったときは、「鯨と言ったらそんなに料理も限られているのかなー」とか、「まぁベーコンとか竜田揚げとか食べれればいいかなー」と思っていたのですが、メニューがとても豊富で、刺身、竜田揚げ、ステーキ、お寿司、ユッケなど、今まで食べたことのないものまで沢山ありました。
しかも、刺身の種類が豊富で、普通の赤身部位だけでなく、食堂や胃など、変わりダネも出てきました。
もちろんどれもこれも絶品でした。

また、一乃谷の面白いとこが、食事をしてたら店長が鯨のうんちくを話に来るんです。
それがまた面白くて、時間を忘れて聞き入ってしまうほどです。
しかも、パンフレットなどを全員に渡してくるんです。それにも面白い話が書いてあったりして、全然鯨の話題が尽きないんです。

料理も美味しいし、店長も面白い、こんなくじらのお宿 一乃谷に一度行ってみてはいかがでしょうか。

池袋にあるしゃぶしゃぶ・すき焼きの専門店、「鍋ぞう」はこんなお店!

しゃぶしゃぶが好きな人は多いと思いますが、思う存分に食べられて、尚且つ美味しいお店といったら、「鍋ぞう」です。
鍋ぞうでは、皆、食べ放題で料理を楽しんでいます。
豚肉や牛肉だけでなく、野菜コーナー、ソフトドリンク、スイーツ類なども充実しています。

特におすすめの料理は、平日のランチタイムに注文できる「鍋ぞうコース」。
100分食べ放題、ドリンクバー付きで、税抜1,800円(税込1,944円)です。
実際に100分間食べ続けられる人は多くないですが、どの料理、食材も新鮮で美味しいのが魅力です。

また、鍋野菜や鍋具材などの種類が豊富なので、飽きにくいので、鍋ぞうリピーターも多いです。
野菜コーナーが充実しているので、女性にもよく利用されています。
内装は綺麗ですし、店員の制服も清潔感があり、落ち着いて食事をすることができます。

鍋ぞうは店員の接客態度もよく、しゃぶしゃぶということもあり、注文したら比較的すぐに料理が届きます。
豚肉・牛肉がなくなったら、店員に声をかけると「何皿にしますか?」と聞かれます。
接客の仕方にいい加減さなどはありません。

店名:鍋ぞう 池袋サンシャイン60通り店
住所:東京都豊島区東池袋1-22-10 ヒューマックスパビリオン池袋サンシャイン60通り
電話:050-3464-0821

京都の歴史ある民家のような店構え。出町柳のもつ鍋屋「京亀」。

京亀は、京都市の出町柳駅を降りてすぐの所にあるもつ鍋屋さんです。
建物の構えも中に入ってみても、京都の古民家を感じさせる情緒溢れるお店です。

京亀オススメのお料理は、やはりもつ鍋です。
スープが通常3種類あり、白味噌・醤油・塩全て素晴らしい味わいです。

夏になると焼きもつという期間限定の味つけも出てきて、こちらもヤミツキになるお味です。
スープがとても美味しいので最後は雑炊かちゃんぽん麺で〆ることをオススメします。
一品料理に馬刺しもあり、お酒がすすみます。

もつ鍋はお野菜もたっぷりと入っているので、女性でも気兼ねなくいただけるお料理です。
値段は非常に良心的です。
京都らしい雰囲気の中で、このお味・量でもつ鍋1400円は安いと思います。

すごく元気な京亀の店長さんがいらっしゃり、店長さんはじめ皆さんとても愛想がよくて、気持ちのいいお食事ができます。
時間帯によってはかなり混んでいることが多いので、事前に予約をしてからいくのが良いと思います。
出町柳の駅やバス停が近くにあり便利ですが、すぐ近くに広いコインパーキングもあるので車の方も行きやすいお店です。

店名:京亀
住所:京都府京都市左京区田中関田町29番地4
電話:075-703-3301