「洋食」カテゴリーアーカイブ

豊橋で本場メキシコ料理を楽しみたいのならメキシポン

豊橋でメキシコ料理やタコスを楽しみたいと思ったらメキシポンがおすすめです。
メキシポンは豊橋駅西口から徒歩二分ほどの位置にあります。
近年西口側の飲食店も整備されてきており、続々と新しいお店ができていますが、メキシポンは老舗に入るお店です。

その名の通りメキシコ料理が売りで、タコスはリーズナブルな値段で食べられます。
店主はじめスタッフは皆メキシカンな明るさがあり、接客の楽しさもお店の魅力です。

メキシポン本店は、カウンター席と二階席で、かなり狭いのですがその狭さがスタッフとの近さにつながり魅力といえます。
新店も隣にでき、そちらでは大人数での宴会も対応しています。

メキシポンおすすめの料理はなんといってもタコスです。
タコスとは小麦粉またはトウモロコシ粉でできた薄いクレープのような記事に、トマトなどの生野菜とチキンや白身魚のフライ、チーズなどをのせ、巻いて食べるものです。

名古屋あたりだと一つ500円くらいしますが、メキシポンでは一つ200円ほどと非常にリーズナブルです。
高くても350円くらいなので、タコスとビール、タコスとテキーラといった軽い飲み方なら1000円でお釣りがくるほどです。

テキーラの品揃えも豊富なのでお酒好きな人にはぜひ試してもらいたいです。
ライムをかじり塩をなめてから一気飲みという通な飲み方ができるようにのるとスタッフからも一目置かれることでしょう。

店名:メキシポン
住所:豊橋市花田1ー189
電話:0532ー75ー8393

横浜市西区、卵料理とパンケーキの「Salon Oeuf et Moi(サロン ウフ エ モア)」。

サロン ウフ エ モアは、ふわふわの卵料理とパンケーキが食べられる、そごう横浜店の中に入っている可愛らしい内装のレストランです。
おすすめ料理はデミグラスソースとトマトクリームソースの2種類のドリアから選べるスフレオムレツドリア、価格は1080円前後です。

ふわふわで少し甘みのあるオムレツと、そのオムレツに包まれた濃厚でコクのあるドリアの相性は抜群です。
また見た目以上にボリュームがありお腹がいっぱいになる一品です。

食後には、こちらもふわふわしたとした食感が特徴的なスフレパンケーキがおすすめです。
普通のパンケーキよりもなめらかで優しい口当たりで、価格は630円前後です。

接客してくれたのは20代くらいの若い女性でした。
サロン ウフ エ モアは、お昼時ともなると行列のできる大変な人気店のため、やや機械的な接客と感じました。

しかしとても活気に満ち溢れた明るい雰囲気のレストランです。
若い女性客を中心に人気あるお店ですが、サロン ウフ エ モアは、ふわふわの卵好きな人におすすめしたい卵料理へのこだわりが随所に感じられるレストランです。

店名:Salon Oeuf et Moi(サロン ウフ エ モア)
住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜10F
電話:045-620-2351

大阪心斎橋、「北極星本店」で食べる元祖オムライス。

北極星は、オムライス発祥の店と言われています。
私は特別オムライスが好きというわけではありません。
でも、北極星のオムライスは時々食べたくなります。

今まで食べたオムライスの中で1番おいしいです。
中のチキンライスもおいしいし、外の卵の部分もおいしい。
今はやりのふわとろじゃなくて、昔ながらの定番のオムライスっていうのも安心感があって、私は好きです。

北極星は、本店以外にも支店がありますが、やっぱり本店で食べるのが1番です。
本店は古い和風の建物で、お座敷で座って食べます。
その店の雰囲気も味わえるので、私はだんぜん北極星の本店へ行きます。
昭和の庶民的な雰囲気のお店なので、接客も気取らない親しみやすい接客です。

チキン、きのこなど数種類のオムライスがありますが、私はいつもチキンオムライス¥780です。
一番定番のオムライスらしい味だと思います。
ランチタイムならランチセットもあります。

ただ、北極星は人気のお店なので、観光客が並んでいるので並ぶのを覚悟して行くか、食事時をはずして行きます。
実はこのお店、テイクアウトもできるので、気候のいい時期なら友人と一緒の時ならテイクアウトして、公園で食べたりもします。
作り立てじゃなくても、多少冷めてもおいしいです。

店名:北極星 心斎橋本店
住所:大阪市中央区西心斎橋2-7-27
電話:06-6211-7829

岡山県岡山市北区南方、オムライスが絶品!「ウフ ウフ(ufu-ufu)」。

ウフ ウフは、オムライスが絶品です。
焼き方は「昔ながらの巻き卵」と「半熟オムレツ」が選べます。
昔ながらの巻き卵にぴったりの「ケチャップソース」、あっさりとした「トマトソース」、牛筋と香味野菜を3日間煮込んだ「特製デミソース」 、イタリアボロニア地方伝統のミートソース「ボロニア風ソース」の4種類から選べるので、ウフ ウフに来店するたびに様々なオムライスを楽しむことができます。

メニューにある「-Regular オムライス-」はサラダとスープがついて1080円、単品だと830円です。
ウフ ウフのディナーセットメニューは、本日のメイン料理・スープ・サラダ・オムライス・オムライス風プリン or Drinkで1500円です。

ウフ ウフの店員の接客はほぼ問題ありませんが、一度来店した際、注文を間違ってとっていました。
その時は急いでいたこともあって、注文し直さず出されたものをいただきました。
またお会計の際、注文したものより高いものだったのですが、注文時の値段でお会計をしていただきました。

店名:ウフ ウフ(ufu-ufu)
住所:岡山県岡山市北区南方1-7-13 リベルテ南方 1F
電話:086-238-8690

札幌牛亭南池袋店のとろけるミディアムレアハンバーグ!

お肉大好きな方に、私が是非ともおすすめしたいハンバーグがあります。
それは、札幌牛亭南池袋店(住所:東京都豊島区南池袋2-14-5、B1. 電話:03-6280-5670)のハンバーグステーキです。

お肉好きならハンバーグ好き。
美味しいハンバーグのお店はたくさんありますが、札幌牛亭さんのお肉へのこだわりと愛から生まれたハンバーグは、ほかのお店とは確実に一線を画しています。

札幌牛亭はハンバーグ専門店なので、メニューは札幌ステーキハンバーグのみです。
(おなかの減り具合合わせて注文するグラムを選べます。)

札幌牛亭の焼き方は、ミディアムレア、ミディアム、ウェルダン、とありますが、特に生のお肉に抵抗のない方は、是非ともミディアムレアをお試しください。
そこら辺のミディアムレアとは全く違います。
じゅうじゅうと美味しそうな音を立てながら運ばれてくるハンバーグは、一見どこにでもあるハンバーグです。

しかし、一口食べるとお口の中でとろんとお肉が溶けてなくなってしまうので、一口目でお肉の味を存分に味わったあと、ふた口目からは急いでご飯をお口に入れないとお肉がなくなってしまうのです。

はい。そうなんです。
札幌牛亭のミディアムレアは、お肉がほとんど生なんです。

食べ心地はネギトロのように滑らか、お肉にもソースにもスパイスが少し強めに効いていて、もうお箸は止まらないのです。
あっという間に食べ終わってしまった後は、おなかがいっぱいなのに、まだまだ食べたい気分にさせられるクセになるハンバーグなのです。

の洋食屋「フジランチ」、懐かしい雰囲気漂う。

まさに昔ながらの洋食屋さんといった、テレビドラマで出てきそうな雰囲気漂う外観の洋食店「フジランチ」です。
しかし一歩お店に入るとそこは、洋食屋さんと食堂が上手く合わさったような心温まる雰囲気の店内で、メニューもまさにそんな共存が生んだメニューが取り揃えられています。

中でもフジランチのオススメは、デミグラスソースのかかったハンバーグステーキ。
とにかくボリューミーな上に、味も納得と満足のいく美味しさ。
そこにライスとお味噌汁がついてくるのがこのお店の特徴ともいえる食堂感あふれる点ですね。

しかもそれでいて690円というお手頃な価格なのだから驚きです。
フジランチにリピートで足を運ぶお客さんのほとんどがこのハンバーグを注文していきます。

人気メニューは他にも、ハンバーグ、から揚げ、目玉焼き、ナポリタン、生野菜、ライス、味噌汁がセットになった、店名の付くフジセットや、ポークカツレツやチキンカツなどなど。

また、ランチには是非とも立ち寄ってほしい洋食屋さん「フジランチ」ですが、
このお店、その店名でありながら、夜はディナーもやっているので夕食に立ち寄る事も可能です。

そんな昼も夜も、いつでもお客さんで溢れている地元民にも愛されているお店。
昔からご夫婦で営んでいるからこそ漂うどこか懐かしい雰囲気と、この価格とボリュームが成り立っているのでしょう。

店名:フジランチ
住所:東京都国分寺市本町2-13-7 国分寺駅から徒歩5分
電話:042-324-1589
営業:11:30~14:00/17:30~21:00(L.O.20:30)

懐かしい昭和の味に出会える、多摩市永山駅前「ロビン」。

多摩市永山駅前にあるショッピングセンター、グリナード永山の中にロビンというお店があります。
パスタやカレー、ハンバーグ、焼きうどんからおにぎりセットというものまであり、洋食屋さんのようで和食や中華までメニューは豊富です。
お値段はどれもお手頃です。

ロビンはこじんまり、そして雑然としており禁煙席はありません。
お昼時にはサラリーマンがぷかぷかタバコを吸っています。

ロビンの店員さんも休憩中なのか、椅子に座りタバコを吸っていることがあります。
店員さんたちは気軽に話しかけてきたり、お客と一緒に食事したりしているような、昭和の雰囲気が残るお店です。

パスタやドリアなど何種類か食べたことがありますが、どれもボリュームがありおいしかったです。
おしゃれな感じではなく、定番の懐かしい味です。

パスタはソースたっぷり、ドリアはチーズたっぷりで、おいしく食べてもらいたいという店主の気持ちが伝わってきます。
中でもおすすめなのが、ナポリタンです。
たまねぎ、ハム、ピーマンなど定番の具が入っていて、こちらも懐かしい味がします。

パスタというよりスパゲッティです。
お昼時はサラリーマンが多く混んでいますが、それ以外の時間だったらわりとすいているので、昭和の味を懐かしみたい人はぜひロビンに行ってみるといいと思います。

店名:ロビン
住所:東京都多摩市永山1-4 グリナード永山4F
電話:042-372-4911

佐賀県佐賀市 洋風定食屋「MoiMoi」、 学生に人気の肉料理。

佐賀大学正門近くにあるこの店は、メインがハンバーグやチキン南蛮、カレーライスなどの洋風定食屋さんです。
MoiMoiは学生に人気です。

副菜が客用の冷蔵庫に準備されていて、それをセルフでとっていくのですが、学生なら3つまでとってOK。
もちろん温めるための電子レンジも無料で使うことができます。

さらに、食事の後の食器類を直接マスターのところへ持っていくと、食後のデザートまで食べることができるのです。
さらに、ご飯だけでなくどんな定食も主菜の量を増やしすことができて、価格はすべて1000円以下。
MoiMoi近くに住む佐賀大生や佐賀女短大生、部活帰りの佐賀西高生でいつも賑わっています。

そして、学生に人気なのは料理だけでなく、マスターも人気です。
ここに初回で入るとスタンプラリーカードをもらうことができます。

このカードを来店時に提示してスタンプを押してもらうと、そのカードを卒業式の日にケーキかワインと交換することができるのです。
しかも、このカードは卒業まで何枚も作ることができるので、学生はこぞってMoiMoiに押しかけています。

店名:MoiMoi
住所:佐賀県佐賀市本庄町大字本庄459-3 コーポYAMADA 1F
電話:0952-28-0232