焼肉の街、大阪・鶴橋の高架下にある隠れたホルモン焼きの名店「大門」

大阪で鶴橋といえば「焼肉の街」です。
どれ位かと言うと、駅に降り立つと焼き肉の香りがするほど。

通勤の乗り換え駅でもありますので、この地域は会社帰りのお客さんで賑わっています。
そんな中、高架下の小さなお店で、知る人ぞ知る名店が「大門」です。

大門はホルモン焼きのお店で、客が自分で焼くのではなく大将さんが焼いてくれます。
かなり小さく、古いお店のため、店の定員は少なめ。

そのため、それを知る人は開店前から並んでいます。
大門は開店を外してしまうと1時間待ちなどはざらなので、早めにいくのがおすすめです。

また、席も非常に狭いので、大柄な男性数名だと狭苦しいかもしれません。
大門は団体で行くのは不向きです。

お値段も庶民的な良心価格。
飲み物以外なら1000~2000円もあれば十分かと思います。

ホルモンも美味しいですが、大門おすすめなのはモヤシのナムル。
友人と行くたびにいつも何皿も頼んでしまいます。

お店は大阪の下町らしい雰囲気。
焼き場担当の大将さんは眼光鋭く無愛想に見えますが、実はお客さんをよく見てくれている優しい方です。

生のコブクロを頼んだ時、少し生臭くて箸が進めずにいたところ「焼いたろか~」と言って焼いてくださいました。
大門は「大阪らしさ」を味合うにもいいお店です。

店名:大門
住所:大阪市天王寺区下味原町1-6
電話:06-6773-0075

タイトルとURLをコピーしました